竹内司法書士事務所 本文へジャンプ
抵当権抹消

住宅ローンなどの借入金を返済したら、抵当権の抹消書類を渡されて、お困りではありませんか?

「自分でも手続きできそうだけど、時間がない」、「自分で手続きするのは心配、専門家に任せたい」
そんな方は是非、竹内司法書士事務所にご連絡下さい。
日本全国、どちらの物件でも、抵当権抹消登記手続きを代行します。


抵当権抹消書類を渡されたら


「お問い合わせ」フォームもしくはお電話でご依頼下さい。

借り入れから完済するまでの間に、お名前・ご住所の変更がある方は、あわせてお申し出下さい。

抵当権抹消書類・本人確認資料をお送り下さい

金融機関から渡された抵当権抹消書類本人確認資料のコピー1点を郵送もしくはご持参下さい。

 本人確認資料(例) 
      
  運転免許証、パスポート、住基カード、健康保険証、国民年金手帳など 

   住所・氏名・生年月日の記載があるもの いずれか1点のコピーを添付して下さい。
   ご面倒をおかけしますが、本人確認にご協力をお願いします。


   <送付先>
    〒135-0016
      東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階 47
      竹内司法書士事務所 宛

請求書・委任状をお送りします

いただいた書類を確認の上、請求書登記申請のための委任状をお送りします。

請求額をお振込み下さい

請求書にて指定した振込先に、請求金額をお振込み下さい。
振込み手数料は、ご負担願います。

登記申請をします

お振込みの確認ができ次第、登記の申請をします。
登記完了後、登記簿謄本等の書類を送付しますので、抹消登記手続きが完了したことをご確認下さい。



登記費用


1.登記報酬(一つの管轄に申請する場合)

  8,000円~
 ※不動産の個数が1個増えるごとに970円を加算します。

2.登録免許税

  不動産の個数×1,000円

3.登記簿謄本費用

  1通につき480~500円(オンライン請求の場合)

4.登記簿謄本取得報酬

  1通につき600円

5.日当

  必要に応じて出張した場合、出張時間に応じて日当をいただきます。 3,000円~

6.交通費・通信費等の実費

7.消費税

  登記報酬・登記簿謄本取得報酬・日当について5%


 ※お名前・ご住所に変更がある場合は、別途変更登記手続きが必要になり、費用が加算されます。
   あらかじめご了承下さい。



完済後の過払金返還請求について


完済した後でも、過払金返還請求はできます

消費者金融等の貸金業者への借り入れを完済した後でも、過払金返還請求をすることができます。
※銀行や公的な金融機関からの借り入れを除きます。


利息制限法を越える利息には一定の要件が必要

利息制限法により定められた利息
   
元 本  年 利
 10万円未満  20%
 10万円以上100万円未満 18% 
 100万円以上 15% 

上記の利息を超える場合は、一定の要件を満たさなければ無効です。

概ね5年以上取引があった方は、司法書士や弁護士に相談して、業者に取引履歴を開示してもらってはいかがでしょうか。
無効な利息は返還するよう、請求することができます。

但し、完済してから10年で消滅時効にかかりますのでご注意下さい。

取引履歴を開示した結果、必ずしも過払い金が発生し、満額返還されるとは限りません。
また、ご相談の内容により、他の司法書士、弁護士等の他機関をご紹介する場合があります。
あらかじめご了承下さい。

フッターイメージ


          トップページ相続・遺言抵当権抹消会社設立事務所概要お問い合わせ個人情報保護方針関連リンク