竹内司法書士事務所 本文へジャンプ
江東区 東陽町 の司法書士事務所です。
不動産を相続したとき、会社を設立したいときなど
「登記手続きをしたいけど、何から始めていいか分からない」
そんな悩みを解決します。

お問い合わせは
こちらから


<事務所移転のお知らせ>
 当事務所は平成22年8月16日をもちまして、下記へ移転いたしました。
 何卒変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

                 記

 〒135-0016
 東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階 47
 電話 03-5635-1775  FAX 03-5635-1776


オンライン申請、電子定款認証に対応

竹内司法書士事務所では、オンラインでの登記申請に対応しています。

また、会社を設立する際に作成する「定款」について、電子定款認証に対応しています。
収入印紙代40,000円が不要になります。


「登記」って何?

法務局(登記所)に「登記簿」という帳簿が備え付けられています。この登記簿に、不動産の所有者や会社の役員構成など、一定の事項を記入する事です。

記入された内容は一般に公示されるので、新たに取引関係に入ろうとする際、不測の損害を被らないよう事前にその内容を確認する事ができます。

また、不動産について「自分が所有者だ」等の主張を第三者に対抗するには、登記をする必要があります。


相続・遺言


土地や建物を相続した場合、そのままにしていると権利関係はどんどん複雑になってしまいます。
お早めに手続きすることをお勧めします。
        詳しくはこちら >>

「遺言を書くのはちょっと・・・」とためらう方もいるでしょう。しかし遺言は残される家族に、貴方の最後の意思を伝える有効な手段なのです。

        詳しくはこちら >>

抵当権抹消


住宅ローンなどの借入金を返済したら金融機関から抵当権の抹消書類を渡された。手続きの仕方が分からない。

そんな方はお気軽にご相談下さい。
抹消手続きを代行します。
日本全国、どちらでも対応します。

       詳しくはこちら >>

会社設立


会社を設立しよう!と考える起業家を応援します。

貴方のヴィジョンをお聞きしながら、定款作成~登記申請手続きまで、様々なニーズにお応えします。

       詳しくはこちら >>


その他の会社登記


本店移転
役員変更
商号変更
など

登記簿謄本に記載されている内容を変更するには、登記手続きが必要です。

その他の不動産登記


売買、贈与、財産分与などにより、登記簿謄本に記載されている所有者の名義を変えるには、登記手続きが必要です。

裁判所提出書類作成


成年後見申し立て
相続放棄
遺言書の検認手続きなど

裁判所へ提出する書類の作成についてサポートします。

戸籍等の取得のみの代行は
  お引き受けできません。



フッターイメージ


          トップページ相続・遺言抵当権抹消会社設立事務所概要お問い合わせ個人情報保護方針関連リンク